今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
今治が月賦販売発祥って本当?

月賦販売

椀船
 伊予商人は今治の人間、特に桜井を中心として形成されていますが、扱っていたのが漆器と陶器。桜井が天領(幕府領)であることを活用し、商売のため、西日本各地に行商を行いました。

 桜井の里言葉に「春は唐津、秋は紀州」というように佐賀伊万里や唐津陶器を大阪方面へ送り、帰りの船で紀州黒江(海南市)の漆器を仕入れ、九州・四国・中国に行商するという方法です。その前に拝志地区の「けんど(ざる)」桜井の「みの・かさ」が船を使った行商を行っていましたが、大規模な行商・仕入れは椀船と呼ばれる回船を出すようになってからのことです。

 行商の方法は船に陶器や漆器を積み、立ち寄った港で行商するという方法。この方法では効率が悪かったので、汽船・鉄道が発達すると販売形態が変化します。

 明治末期から大正にかけては、行商集団を結成し、先発隊が広告宣伝を行い、集会場などで見本を陳列し注文を取ります。その後、商品を配達し、集金して廻るという分業方式。この集金に「月賦方式」が創始されたのです。商品前納、各月集金という商法は危険度の高いものですが、行商時代からの従業員の地縁や血縁に結ばれた強力な信頼関係に根ざした伝統的なもの。

 漆器は高価なので分割支払いはとても便利でした。割賦は記録に残っているものでは頭金1割の18ヶ月分割。取引相手との「信用取引」なのは今の時代のクレジットと同様です。

 また、この方法を漆器以外の商品にも適用しています。家具、衣料、貴金属などの月賦販売を東京や大阪で開始しています。
 
桜井の綱敷天満宮境内に月賦販売発祥記念の碑が建っています。碑によると明治40年前後に月賦販売方法が確立された、とのこと。それを証明するように昭和55年の調査では全国の月賦百貨店組合員566名のうち、95パーセントが今治を中心とする伊予商人で占められていたといいます。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.