今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
今治にも塩田があったって本当?

塩田
 波止浜の塩田は長谷部九兵衛が竹原から塩の製法を持ち帰り、塩田をひらいたのがはじまりです。長谷部は竹原の塩田から製法の秘密を持ち帰るため、浪人に身をやつして雇われ、日々の信用を得、やっとの思いで製塩技術を習得したといいます。

 波止浜に帰った長谷部は天和2年(1682)に藩の許しを得て入り浜式の塩田づくりに着手します。波止浜地区は大規模な塩田地帯となりました。亨保の頃の塩生産量は15万石、銀にして400貫もあったといいます。これは波止浜の入り江が深く内陸に入り、海が浅いところから塩田に適していたためでした。

 江戸時代も後半になると各地に塩田の数は増え、生産も増大しています。戦後になると塩の製造は入り浜式から流下式になり、生産は一気に倍増します。しかし、安い海外の塩や国内市場の生産過剰により、採算が合わなくなり、昭和34年(1959)塩田は廃止されました。

 塩田跡はゴルフ場や自動車教習所となり、昔の姿を懐かしむことは出来なくなってしまいました。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.