今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
「けんど船」って椀船と違うの?

けんど船
 「けんど」とは葛などで編んだふるいの一種。空豆などの穀類の皮と身を分けるのに用います。拝志のけんどは有名で「けんどけんどというけんど 拝志のけんどはよいけんど」という囃子言葉が残っています。このけんど作りを奨励したのが拝志城の堀部主膳。拝志の人たちが生活に困っているのを知り、副業としてけんど作りを教えたといいます。

 また、拝志の浜は海運が行われており、今治藩になっても比較的自由な町方扱いになっていたため、近隣に自由に往来できました。そこで、名物になったけんどを舟便に乗せ、沿岸の村落に売り歩いたのです。これが「けんど舟」の由来です。

 この「けんど舟」を採り入れ大規模にしたのが、桜井の人々。椀船の始まりです。天領だった桜井の人々が瀬戸内沿岸から九州や紀州にまで出掛け、商売を始めました。これが世にいう伊予商人のはじまりです。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.