今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
伊予商人って今治人のこと?

伊予商人とは今治人のこと。椀を売り歩いた商人たちのことを指したもののようです。

 同じ椀を扱ってきた人たちに日野商人がいますが、○○商人といわれるのは交易を中心とした商いをしてきたことの証拠。ただ、こうした商人たちには共通した理由があります。一つは領主が商売や交易を奨めていること。もう一つは交通のアクセスが優れていること。

 今治・拝志においてけんど(ざる)づくりが奨励されていたこと。水軍の歴史があり、海の交易が盛んであったこと。船の往来の積み荷の無駄を防ぐために行きはけんどや椀を積み、帰りに瀬戸物を仕入れるというアイデアがあったこと。これらにより商売繁盛が可能になったことがあげられます。

 同じ伊予の国でも南予はのんびりやが多く、中予は商売よりも文化や政治に目が行くお国柄。日本ではじめて月賦販売をはじめるなど、伊予商人のルーツは今治人に間違いがなさそうです。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.