今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

再び今治の謎
今治弁アクセントの特徴

 今治弁のアクセントがどのような分類をされているかをたどっていきましょう。

 一般的な日本語のアクセント分類ではアクセントの法則のあるものとないものに分けられます。法則のあるもののうち、京阪式のものを甲種アクセント、東京式のものを乙種アクセントとよび、法則のないものを一型アクセントとよびます。

 愛媛県では東予と中予、大島と興居島、八幡浜や西宇和郡や三崎半島が甲種アクセント。島しょ部と宇和島以南は乙種アクセント。大洲市や北宇和郡は一型アクセント。愛媛県はアクセント分布が複雑で日本語アクセントの縮図ともいえる地域です。

 今治弁のアクセントは西日本方言のなかの近畿式方言で北四国方言の甲種アクセントとなります。このアクセントの地域は松山から香川県・徳島県の瀬戸内海沿岸で共通のもの。ただし、松山弁(伊予弁)や讃岐弁、阿波弁がどことなくやさしいのにくらべ、今治弁は言葉に勢いがあり、ややもすれば荒っぽい印象の言葉です。

 今治弁は京阪と同じ甲種アクセントのため、関東に行くと、生粋の今治弁を使っていても関西出身に間違えられるのは言葉のアクセントが一緒のため。間違われたときは、関西人になりすますか、今治人だと訂正するかはあなたの自由です。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.