今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

再び今治の謎
リズミカルな今治弁の秘密

 同じ言葉を繰り返す言葉では取り留めのないことをよもよも、ちゃらちゃらした様子をじゃらじゃら、のろのろした様はとろとろ、小さく動く様子をいごいご、しつこい様をぐどぐど、喧嘩の意味を持つはちはちなどがあります。

 動詞を繰り返して意味を強調するものもあります。同意の言葉を繰り返すほうよほうよ、許しを意味するかまんかまん、否定の言葉ではいかんいかんなど。

 似たような意味の言葉を並べることもあります。口の悪さ人や喧嘩のときに使われるおどれすどれ、話の内容を大袈裟に言うときに使うものにいっつもかっつもなんててかんててなんぼでもかんぼでもなんやらかんやらどうててこうててなんぞんかんぞんなどがあります。

 同じ様子を示すまっついこっつい、ごつごつした様を示すいぶしこぶし、物が動かせないことをうごきもすごきもせん、意味不明なことにわけしゃがわからんなど、洒落を楽しんでいるような言葉のオンパレードです。

今治弁 意味
よもよも 取り留めがない
じゃらじゃら ちゃらちゃらした
とろとろ のろのろした
いごいご 小さく動く様子
くどくど しつこい様子
はちはち 喧嘩
おどれすどれ お前を強調
いっつもかっつも いつでもどこでも
なんててかんてて 何ともはや
なんぼでもかんでも いくらでもよい
なんやらかんやら 何を強調
とうててこうてて 方法を強調
なんぞんかんぞん 何を強調
まっついこっつい 同じ様子
いぶしこぶし ごつごつした
うごきもすごきもせん 動かないを強調
わけしゃがわからん 訳が解らない強調
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.