今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

再び今治の謎
天気に関係した今治弁は?

 雨の降る様子をあらわした今治弁はだーだー降りがんがら降りざざ降りで強い雨降りだったことを示します。雨によりぬかるみができるとじゅるたんぼ、雷はどんどろさんとかどんどろというようです。

 晴れの日、天気の良い様子は良い具合が変化したえーがいとなり、太陽の光が強いときはかんかん照りてんからぼしとなって、まぶしいことをまばゆいといいます。天候がめまぐるしく変わるときはいなげな天気となります。朝はあさがたといい、明るくなってくることをあかろうなる、夕方はばんげとなり、暗くなることをくろなるといいます。

 暑いときはあつくろしい、暑くて苦労することをあずる、温かくなることをぬくうなる、蒸すことはうむすとなります。温かい土地柄だけに、寒いことの表現は少なくつんたいひやたい、寒くなるのはさむうなるとなります。風の名前では北西の風をあなじ、陸から吹く風があらせ、暴風雨はしけ、春の暖かい南風をようずといいます。

 現在では、天気に関係した今治弁を使う人も少なくなったようで、今治弁にとっては「ざざ降りの時代」といえそうです。

今治弁 意味
ざーざー降り ひどい雨降り
がんから降り すごい雨降り
ざざ降り 強い雨降り
じゅるたんぼ ぬかるみ
どんどろさん
えーがい いい具合
かんかん照り 日差しが強い
てんからぼし 日が強く乾く様子
まばゆい 眩しい
いなげな 変な
あさがた
あかろう 明るく
ばんげ ばん
くろなる 暗くなる
あつくろしい 暑い
あずる 苦労する
ぬくうなる 温かくなる
うむす 蒸す
つんたい 冷たい
ひやたい 冷える
さむうなる 寒くなる
あなじ 北西の風
あらせ 陸から吹く風
しけ 暴風雨
ようず 南風
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.