今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

再び今治の謎
引っ越しのときの今治弁

 ものの移動や場所を示す言葉が多彩な今治弁。まがられんとは曲がっては駄目という意味ではありません。触っては駄目ということです。物をかいてと言われても引っかくのではなく、物を持つこと。手をすけてとは手を下に添えること。助けるという意味から変化したようです。物を踏んづける状態はしゃぐといいます。物を抱くことはうずむとなります。担ぐことをかたぐということもあります。少し移動させることはいざるといって、もとの位置に移動させるのはなおすとなります。担ぐことはかく、物が重くて動かないときは動きもすごきもせんということも。物を引きずることはひこずる、間隔をあけることはあらけるとなります。狭いときはせばいといい、混雑している状態はせっとるとも。物を捨てることはまくるとかほくらかすといいます。物が無くなることはうさす、曲がってしまうことはいがむ、壊れることはもげる

 場所を示す今治弁もいろいろあり、近くはねきとなり、端はへり、もう少し離れるとへっちょとなります。路地はせこ、あそこはあしこ。間はあいなか、反対の状態はさかしといいます。

今治弁 意味
まがる 触る
かく 物を持つ
すける 手を下に受ける
しゃぐ ふんずける
うずむ 抱く
かたぐ 担ぐ
いざる 移動させる
なおす もとに置く
ひこずる 引きずる
あらける 間を取る
せばい 狭い
せっとる 混雑している
まくる 捨てる
ほくらかす 捨てる
うさす 失くする
いがむ 曲る
もげる ものがとれる
ねき 近所
へり
へっちょ 端の方
せこ 路地
あしこ あそこ
あいなか
さかし 逆さ
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.