今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
今治に造船が盛んなわけは何故?

 造船所が盛んな場所は今治の北にある波止浜地域。もともと小さな漁村だったこの地域は塩田築造を元に繁栄していきます。近くに港があったことから、塩や資材を運ぶ船が往来し、海運業が生まれ、造船業へと発展していきます。

 造船所は明治35年(1903)波止浜船渠(現・新来島ドック)昭和18年(1943)に伊予木鉄造船(現・波止浜造船)、今治造船などが次々に誕生しました。

 船も木造船から木鉄船、小型鋼船へとすすみ、現在では大型タンカーも建造できるようになりました。

 今治には日本造船工業会17社の内、中手造船所と呼ばれる3社が加盟。造船所が集まった地域として、日本でも屈指となっています。

 波止浜地域は村上水軍の居城があった来島は目と鼻の距離。古くから海の男たちが活躍した地域だけに海運や造船は得意中の得意。グローバル化の波が進んでも、企業の生き残り策をすすめています。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.