今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
今治では魚の名前が変わるの?

 この地域周辺でしか通用しない魚の名前があります。

 例えば「ギザミ」。一般にはベラとかキュウセンと呼ばれます。この魚は名前だけでなく、味も変わります。来島の波にもまれると上品な白身の魚に変わるのです。

 「アコ(アコウ)」は関東でいうキジハタ。クエの仲間です。静岡あたりのあこう鯛とは全く違う魚です。地元では、鯛よりも美味しい魚として珍重されています。名前で勘違いしないように。

 「ナゴヤ」。ショウサイフグを今治ではこう言います。「ナゴヤ」には毒がないと言われてますが、これは大間違い。内臓は猛毒です。「食べたら終わり=尾張ナゴヤ」から名付けられたようです。

 「ホゴ」はカサゴのこと。「ドンコ」とはハゼや小魚をこう言います。「レスケ」とはアナゴのこと。

 最後に下品な名前を一つ。「ションベンコチ」とはメゴチのこと。天麩羅や空揚げにするとけっこう美味しいのですが、この名前はいただけない。乙な味なんですけどね。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.