今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
えびすぎれって何?

 今治の春を告げるのが1月末か2月初め、旧正月の10日に行われる「えびすぎれ」。呉服屋さんを中心に着物や反物の販売で盛り上がります。

 この「えびすぎれ」がはじまったのが明治5年(1873)のこと。「広屋の用助(矢野用助)さん」が大阪に出て丁稚奉公し今治に帰ってから呉服屋を開きました。大阪今宮の「十日戎」を真似し、行ったのが由来といいます。「商売繁盛で笹もってこいならぬ商売繁盛で反物もってこい」というわけですね。

 はじめのうちは端切れが主だったようですが、年月を経て呉服のセールとなったのです。

 今治商店街はこの「えびすぎれ」のようなイベントが好きで、商店街で結婚式を行ったり、日本一の焼き鳥を作ったりと大活躍。今も昔も商売の基本は「楽しさ」のようです。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.