今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
キリスト教信者に偉人が多いって本当?

 明治時代からの今治の発展にはキリスト教の影響が多大です。明治12年(1880)四国最初の教会として横井時雄の尽力により、今治キリスト教会が創立されました。同志社大学の創立者新島襄や「不如帰」を書いた徳富廬花が今治を訪れ、宣教活動を行いました。それは信仰面だけではなく、生活様式や産業のあり方にも影響を及ぼしました。

 キリスト教徒ともにもたらされた西欧思想や社会制度、近代的な考え方が今治の人々に吸収され、グローバルな視野を育てていったに違いありません。今治海運業の父と呼ばれる飯忠七や伊予ネルの創始者である矢野七三郎、タオル関係の麓常三郎、矢野万助など多くの偉人たちがクリスチャンとなっています。

 今治キリスト教会の青年会や婦人会から育ち、今治の産業・文化の中心として活躍した人も数多く、今治の近代化にキリスト教は大きな影響を与えたといえそうです。

 このようにキリスト教を受け入れたのは明治時代の今治が自由な気風を持った都市であったこと。同じく、ロータリークラブも昭和9年(1934)四国初の発足です。
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.