今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
来島海峡ってどんな海峡なの?

 1989年、県民投票の結果選ばれた「えひめ感動の地」の第1位に選ばれた来島海峡。伊予水軍の本拠地として名を馳せています。

 この海峡は「一に来島、二に鳴門、三にくだって馬関瀬戸」とうたわれたように鳴門海峡、関門海峡とともに日本三大急潮として知られています。小さな島々が点在する瀬戸内海きっての景勝の地。来島海峡は4つの狭い水道に分かれ潮の流れは10ノットにも達します。

 また直径10メートルの八幡渦が発生します。この八幡渦は大浜の八幡神社の大祭の時に島から来たみこしが海を渡る途中、この渦に巻き込まれて沈んでしまったことからこの名前がついたそうです。

 来島海峡は1日1,000隻あまりの大型船・中型船が航行する瀬戸内海の難所。まさしく、きれいな花には棘があるの例えどおりなのです。

 また、この来島海峡の急流に揉まれて育った瀬戸内の小魚類や鯛の類は絶品の味。この美味しい魚類が今治の料理屋で食べることができるのも魅力です。

 来島海峡大橋、通称くるくる大橋のたもと、標高100メートルの糸山公園に建つのが来島海峡展望館です。目の前に広がる来島海峡大橋の偉容を確かめるには絶好の場所。館内にはしまなみ海道が出来るまでの歴史や来島海峡大橋の工事内容、ケーブルの見本などが置かれ、ビデオやイラストでわかりやすく紹介しています。

 糸山のトンネルを抜けたところには今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」が出来ています。ここはサイクリストのための施設で全国で60番目の施設。宿泊施設やレストラン等が開設されています。

 サイクリングを楽しみたい人のためのレンタサイクルも置かれています。料金は半日大人400円。

●来島海峡展望館
 電話0898-41-5002
 10〜18時
 料金無料

●今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」
 電話0898-41-3196
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.