今治の謎 今治よいとこ・こだわりガイド
線

今治の謎100
今治の島々・馬島のこと?

  来島海峡大橋の架橋地点にある「馬島」はその名の通り、馬との関係が深い島です。古くは「牧島」といわれ、伝説ではこの島には野生の青い馬と栗毛の馬の2頭が生息し、植えた種や収穫物を荒らしたといいます。この馬を退治したところ、作物が出来るようになった、と。

 江戸時代末期には島全体に牧草が生い茂り、放牧に最適の土地であったため、今治藩主のための名馬を数多く育てた、といいます。

 現在は花の島。来島海峡の水温は冬でも高く、馬島は対岸の今治市よりも平均三度は気温が高いといいます。きっかけは路地咲きのマーガレットを1月はじめに見つけたことから。島に電気が通っていない頃から苦労を重ね、花卉栽培がはじめられました。現在は至る所にビニールハウスがあり、色とりどりの花が島を染めていきます。

 観光としても絶好の場所。波止浜港から馬島・小島・来島をめぐる定期船が出ています。

●定期船:有限会社くるしま
 電話0898-43-0637
今治の謎100
今 治
水 軍
しまなみ
歴 史
産 業
交 通
生 活
観 光
人 物

再び今治の謎
今治人の章
今治弁の章
今治のいちばんの章
古代・中古の今治の章
水軍の章
藤堂高虎の章
江戸時代の今治の章
明治以後の今治の章
今治あれこれの章

 

戻る トップページ 進む


利用規約 | 登録店舗募集 | 著作権・リンク | お問い合わせ
Copyright© 2003 by DAIICHI SERVICE CO.,Ltd.all rights reserved.